費用対効果を上げるかどうかは利用者の責任。

専用サーバーの傾向

新着おすすめ記事

費用対効果を上げるかどうかは利用者の責任。

専用サーバーのメリットというのは、高いパフォーマンスと安全性、それに容量や速度、柔軟性といったところにあります。

そのため、いまやサーバーを提供してくれるホスティング会社と契約を結ぶサイト運営者が数多くいますが、問題はコストと、そのコストに見合っただけのサイト稼働率があるかです。

一般的な専用サーバーの料金は、初期費用が1万円、月額が3000円程度なので、利用者はそれに見合っただけのサイトを運営しているのであれば、同居や雑居型の共有サーバーではなく、専用サーバーに切り換えてしまったほうが安全で便利ということになります。

専用サーバーのサービス提供には、ホスティング会社によっていろいろな呼び方がありますが、利用者に代わってサーバーの運営・管理、メンテナンスなどのすべてを行ってもらえるマネージメント型の契約プランであれば、利用者はサーバー管理やトラブルに気を取られたり人員を配したりすることなく、たとえばサイトの稼働率アップや収益率のアップに専念することが可能になります。

専用サーバーを利用する際の費用対効果は、究極のところ契約を結ぶ時点での費用対効果ではなく、“専用サーバーをレンタルした結果、どのような人員の配置転換を行って効率性や収益性を高めたか”という、利用者側の責任にウエイトがあります。

よく「専用サーバーに切り換えたのに、サイトの来場者が増えない」、「売上アップが見込めないままで、これでは専用サーバーにかかる経費が無駄になる」などと、不振のホコサキをホスティング会社に向けてしまう人もいますが、これは大きな過ちです。

専用サーバーであれ、共有サーバーであれ、ホスティング会社はサーバーをレンタルしているに過ぎないので、その点については八つ当たりみたいなものです。

ホスティング会社に責任があるのは、専用サーバーの管理・運営、セキュリティ面です。

【関連記事】セキュリティクラスター まとめのまとめ 2014年1月版:安全なオンラインアップデートってどうすべきだろう? - @IT